Article

おゆうぎ会を終えて

2月14日朝、バレンタインデーのチョコを渡すよりも(?)緊張した先生方と、サンアゼリアに向かいました。前日の準備はばっちり、あとは子どもたちが楽しんで参加してくれればいいなと願いながら…。

そして、本番。

幼稚園よりも広い空間、高いステージ、きらきらまぶしい照明に興奮したり圧倒されたり、緊張したり、わくわくしたり、いろいろな表情を見せながら、発表した子どもたち。本番は普段の練習とは違うところが出るのは当たり前なのですが、アゼリアの舞台ではぶっつけ本番なのにもかかわらず、みんなそれぞれにがんばっていましたね。子どもたちの持つ力に、感動をたくさんいただきました。

おうちの方も、それぞれのご家庭でお子様を支えてくださったことで、この日につながったのだと思います。心より感謝申し上げます。

2学期からじっくりと劇あそびを経てお話の世界で遊んできたので、これからもおゆうぎ会の余韻を楽しみたいと思います。

どうもありがとうございました!